auユーザー向け 携帯料金節約お役立ちサイト

au以外の方もどうぞ。携帯料金節約や、携帯を便利に使うための情報を発信します!

格安SIM各社の料金を比較してみた結果(3GB程度の場合)

格安SIM各社のキャンペーンがすごい!

最近、ネット上で、格安SIMの広告が頻繁に表示されます。

(私が格安SIMのサイトを頻繁に見てる影響が大きいですが・・)

そして、各社とも、かなり大胆なキャンペーンをしています。

 

現在audocomoSoftbankを利用しているなら、どこに乗り換えても大抵安くなるのが格安SIM

しかし、せっかく乗り換えるなら、一番メリットが大きい所に乗り換えるのがいちばんいいですよね。

とはいえ、わざわざ比較をするのは面倒・・・

 

ということで、今実施中のキャンペーン等も利用して、乗り換えるならどこがお得か、比較してみました。

データ使用量が少なめで、ブランドや通信速度より価格重視の方は、ぜひ、参考にしてください!

 

なお、キャンペーンの実施状況は日々変化しますし、乗り換えてしまえば毎月数千円節約できるというメリットは、とても大きいです。

新たなキャンペーンを期待して様子を見るのも良いですが、早めに乗り換えるのが一番節約になる可能性が高いです!

 

(各社の公式サイトを参考に料金を比較しましたが、正確でない可能性もありますので、申し込み前には、各自で契約条件や料金をご確認ください。)

 

各社の初期費用と月額の比較 

3GB前後の音声通話プランで比較してみました。

キャンペーン等でお得な部分に下線を引いています。

それにしても、BIGLOBEモバイルのキャンペーン、大胆すぎます!

 

(1)BIGLOBEモバイル

初期費用0円、初月無料、6ヶ月間月額400円、その後12ヶ月間月額1,100円、通常月額1,600円(3GB)

 

(2)IIJmio

初期費用395円、3ヶ月間月額600円、通常月額1,600円(3GB)

IIJmio(みおふぉん)

 

(3)LINEモバイル

初期費用3,400円(5000ポイントバック)、初月600円、5ヶ月間月額845円、通常月額1,690円(3GB)

 

(4)mineo

初期費用3,400円、月額1,600円(3GB)

https://mineo.jp/ 

 

(5)イオンモバイル

初期費用3,000円(5000WAONバック)、月額1,580円(4GB)

イオンモバイル

 

(6)楽天モバイル

初期費用3,394円、24ヶ月月額1,480円、通常月額2,980円(2GB)

 

(7)UQモバイル

初期費用3,000円、12ヶ月月額1,980円、通常月額2,980円(3GB)

 

(8)OCNモバイルONE

初期費用3,394円、初月無料、月額1,600円(110MB/日)

OCNモバイルONE/OCN光

 

(9)ペンギンモバイル

初期費用3,394円、初月無料、月額1,600円(3.6GB)

https://www.jlba.club/blank-5 

 

(10)Y!mobile

初期費用3,000円、12ヶ月月額1,580円、その後12ヶ月月額2,580円、通常月額2,980円(3GB)

 

(11)auを継続する場合

初期費用なし、月額4,480円(4GBまで)

 

6ヶ月間(申し込みの月は0ヶ月目とカウント)の支払い料金の比較

最初の6ヶ月間の支払いで比較すると、キャンペーン中の格安SIMが優位です。

月額400円キャンペーンのBIGLOBEモバイルが圧勝、IIJmioLINEモバイルが続きます。

 

もう1つ、注目すべき点は、auを続けた場合の料金。

格安SIM各社より1万円以上余分にかかることが分かります。

乗り換えで解約料やMNP手数料1万数千円払っても、6ヶ月でほぼ回収できてしまい、その後はずっと安い料金が続きます。

投資として見た時、たった1万円でこんなに効率が良い投資は、そうそうありませんよ!!

 

(1)BIGLOBEモバイル  2,400円

(400円×6ヶ月)

(2)IIJmio  7,395円

(初期費用395円+0ヶ月目1,600円+600円×3ヶ月+1,600円×3ヶ月)

(3)LINEモバイル  9,915円

(初期費用3,400円+0ヶ月目600円+845円×5ヶ月+1,690円×1ヶ月)

(4)mineo  14,600円

(初期費用3,400円+1,600円×7ヶ月)

(5)イオンモバイル  14,060円

(初期費用3,000円+1,580円×7ヶ月)

(6)楽天モバイル  13,754円

(初期費用3,394円+1,480円×7ヶ月)

(7)UQモバイル  16,860円

(初期費用3,000円+1,980円×7ヶ月)

(8)OCNモバイルONE  12,994円

(初期費用3,394円+月額1,600円×6ヶ月)

(9)ペンギンモバイル  12,994円

(初期費用3,394円+月額1,600円×6ヶ月)

(10)Y!mobile  15,460円

(初期費用3,000円+0ヶ月目2,980円+月額1,580円×6ヶ月)

(11)auを継続する場合  26,880円

(4,480円×6ヶ月)

 

12ヶ月間(申し込みの月は0ヶ月目とカウント)の支払い料金の比較

12ヶ月間の支払いで比較しても、やはり、キャンペーン中の格安SIMが優位な傾向は変わりません。

月額400円キャンペーンのBIGLOBEモバイルが圧勝、IIJmioLINEモバイルが続きます。

 

1年間も継続すると、au格安SIMの差は、2万円を超えてきます!

 

(1)BIGLOBEモバイル  9,000円

(初期費用0円+400円×6ヶ月+1,100円×6ヶ月)

(2)IIJmio  18,195円

(初期費用395円+0ヶ月目1,600円+600円×3ヶ月+1,600円×9ヶ月)

(3)LINEモバイル  20,055円

(初期費用3,400円+0ヶ月目600円+845円×5ヶ月+1,690円×7ヶ月)

(4)mineo  24,200円

(初期費用3,400円+1,600円×13ヶ月)

(5)イオンモバイル  23,540円

(初期費用3,000円+1,580円×13ヶ月)

(6)楽天モバイル  22,634円

(初期費用3,394円+1,480円×13ヶ月)

(7)UQモバイル  28,740円

(初期費用3,000円+1,980円×13ヶ月)

(8)OCNモバイルONE  22,594円

(初期費用3,394円+月額1,600円×12ヶ月)

(9)ペンギンモバイル  22,594円

(初期費用3,394円+月額1,600円×12ヶ月)

(10)Y!mobile  24,940円

(初期費用3,000円+0ヶ月目2,980円+月額1,580円×12ヶ月)

(11)auを継続する場合  53,760円

(4,480円×12ヶ月)

 

24ヶ月間(申し込みの月は0ヶ月目とカウント)の支払い料金の比較

24ヶ月間の支払いで比較すると、だいぶ、キャンペーンの影響は薄まってきますが、やはり、BIGLOBEモバイルのキャンペーンは強力です。

そして、同じくキャンペーン中のIIJmioがそれに続きます。

LINEモバイル、mineo、イオンモバイル、OCNモバイルONE、ペンギンモバイルは、24ヶ月の支払いが4万円台前半、その後月額1,600円前後で、ほぼ並んでいます。

 

(1)BIGLOBEモバイル  25,200円

(初期費用0円+400円×6ヶ月+1,100円×12ヶ月+1,600円×6ヶ月)

(2)IIJmio  37,395円

(初期費用395円+0ヶ月目1,600円+600円×3ヶ月+1,600円×21ヶ月)

(3)LINEモバイル  40,335円

(初期費用3,400円+0ヶ月目600円+845円×5ヶ月+1,690円×19ヶ月)

(4)mineo  43,400円

(初期費用3,400円+1,600円×25ヶ月)

(5)イオンモバイル  42,500円

(初期費用3,000円+1,580円×25ヶ月)

(6)楽天モバイル  41,894円

(初期費用3,394円+1,480円×24ヶ月+2,980円×1ヶ月)

(7)UQモバイル  52,500円

(初期費用3,000円+1,980円×25ヶ月)

(8)OCNモバイルONE  41,794円

(初期費用3,394円+1,600円×24ヶ月)

(9)ペンギンモバイル  41,794円

(初期費用3,394円+1,600円×12ヶ月)

(10)Y!mobile  55,900円

(初期費用3,000円+0ヶ月目2,980円+1,580円×12ヶ月+2,580円×12ヶ月)

(11)auを継続する場合  107,520円

(4,480円×24ヶ月)

 

結論としては・・・

今、2019年8月下旬~9月末までに乗り換えるなら、BIGLOBEモバイルのキャンペーンを利用するのが、費用的には最強です。

初期費用無料、初月無料、半年間400円、その後1年間1,100円・・・という料金は、正直、安すぎると思います。

 

 

キャンペーンの影響を除けば、どこの格安SIMにしても、あまり大差ありません。

各自の好みや、紹介特典なども各社いろいろありますので、好きな会社を選んで、一定期間利用すれば、確実に、auよりは安くなります。

 

ただ、格安SIMの中でも、Y!mobile楽天モバイルUQモバイルは、若干料金が高めですので、「ブランドより料金が優先!」という方は、この3社以外を選択するのが良いと思います。

 

格安SIMに乗り換えるかどうかの判断基準

ここまで、格安SIM各社の料金を比較してみました。

これから先、2021年までの2年間。

auを継続したら、auに10万円ほど支払うことになります。

一方、今格安SIMに乗り換えたら、5万円以下です。

 

auを継続することに、5万円以上の価値を見出せますか?

 

メールアドレスを変えたくないとか、近所にショップがあるとか、2年間で5万円以上払う価値があると思っているなら、auを継続するのが良いと思います。

逆に、それだけの価値を見出せないなら、auを継続する理由はありません。できるだけ早く乗り換えれば、それだけ多く節約できます。

 

乗り換えが面倒な気持ちは非常によく分かりますが、(偉そうに言う私も、1年ほど保留状態でしたので・・・)「面倒だから」という気持ちだけでauを継続するのは、もったいなさすぎます。

 

 

今なら無料で、LINEかメールで、携帯料金節約の無料相談を実施中ですので、この機会に、格安SIMへの乗り換えを本気で検討してみてはいかがでしょうか?

(1)LINEの場合

https://line.me/R/ti/p/%40nfm1597z

友だち登録できたら、「格安SIM検討中」と書いてメッセージください。

 

(2)メールの場合

こちらのフォームからお問い合わせください。

コメントに、「格安SIM検討中」と書いていただけると分かりやすいです。

 https://forms.gle/9AFiVsm5LtfrYXPt8