auユーザー向け 携帯料金節約お役立ちサイト

au以外の方もどうぞ。携帯料金節約や、携帯を便利に使うための情報を発信します!

ペンギンモバイルの格安SIMのメリットデメリット

f:id:mhli:20190702023712p:plain

ペンギンモバイルとは?

「一般社団法人日本自由化事業協会」が提供する、

格安SIMのサービスです。

一般社団法人日本自由化事業協会 公式ページ

 

docomoから回線を借りて、通信サービスを提供している、

いわゆる「MVNO事業者」の1つです。(MVNO事業者は、20社ほどあるようです。)

 

一般の人が「ペンギンモバイル」に関わる方法としては、2つあります。

1つは、ユーザーとして格安SIMを使用して、節約すること。

もう1つは、代理店になって、格安SIMを普及させる活動をして稼ぐことです。

 

知名度なし、価格と品質は優位性あり!

ペンギンモバイルの一番のデメリットは、知名度がないことです。

私も今まで、数十人の方に紹介をしてきましたが、

最初から知っていた人は1割もいませんでした。

知名度では、楽天モバイルY!mobileにかなわないですね。

(社団として、そこまで回線数を増やすことは目指していないそうですが。)

 

一方で、価格と品質は、私の知る範囲では、非常に優位です。

f:id:mhli:20190702023942j:plain

まず、価格は、「36GB+音声通話」のプランが4,860円。

他社だったら、20GB程度でこれぐらいの料金なので、

非常に優位性があると思います。

 

品質に関しては、使用している回線がdocomo回線なので、

地方などでは、auSoftbankと比べると、全体的につながりやすいです。

地方への出張やローカル線の旅行もこれで安心!

また、私が使用している範囲では、通信速度も十分。

YouTubeの再生は全く問題なくできています。

 

通信会社を変更するのは大変?

ペンギンモバイルへの変更を考える時。

docomoのSIMに対応している機種であれば、

番号そのまま、中身もそのままで、

SIMカードの入れ替えと簡単な設定のみで会社変更ができます。

面倒な機種変更やLINEの引継ぎなども必要ありません。

 

なお、auSoftbankの端末を使用している場合は、

docomoの電波に対応している機種かどうか確認した上で、

SIMロック解除の手続きが必要です。

 

他に、変更する時に注意が必要なのは、2点。

audocomoSoftbankのメールアドレスは使えなくなります。

audocomoSoftbankの契約の内容、時期によっては、

 変更する時に解約金などがかかる場合があります。

 

メールアドレスについては、Gメールを使ったり、

日常の連絡はLINEにシフトしてしまえば、それほど困ることはありません。

(ただ、年配の方を中心に、アドレス変更に抵抗がある方は多いですが・・・)

 

解約金や契約時の手数料に関しては、

払ったとしても、数ヶ月でペイできるので、

あまり気にしない方がいいと思います。

強いて言えば、数ヶ月後に2年契約の更新月がある場合は、

数ヶ月待ってから会社変更をしてもいいかもしれません。

 

契約手続きは、メールとインターネットで完了し、

郵送でSIMカードや必要書類が送られてきます。

あとは、自分でSIMカードを交換して、設定をすればOKです。

 

申し込みはこちらから!

格安SIM問合せフォーム

 

ペンギンモバイルのもう1つの活用法「代理店ビジネス」

ペンギンモバイルのもう1つの特徴が、拡散の方法です。

いわゆる「ネットワークビジネスMLM)」の仕組みを採用しています。

 

大手通信会社のような、大規模な広告宣伝を行わない代わりに、

ペンギンモバイルの格安SIMを拡散・販売した代理店に、

紹介報酬を支払う、という方法が採用されていまシステムです。

 

従って、代理店になって、代理店を増やしたり、ユーザーを増やしたりすると、

その代理店やユーザーが契約を継続している限り、

いくらかの報酬が入ってくることになります。

 

いわゆる、権利収入の一種です。

 

詳細についてお知りになりたい方は、

こちらのLINEからお問い合わせいただくか、

LINE Add Friend

 

フォームからお問い合わせください。

格安SIM問合せフォーム