auユーザー向け 携帯料金節約お役立ちサイト

au以外の方もどうぞ。携帯料金節約や、携帯を便利に使うための情報を発信します!

auから格安SIMへの乗り換え 要注意の機種

格安SIMへの乗り換えは誰でもできるけど・・

最近、固定費の節約のため、格安SIMへの乗り換えが注目されています。

格安SIMへの乗り換えは、基本的に、SIMカードを入れ替えるだけで、

端末はそのまま使えるという話を聞くことが多いですが、

実は、機種によって、電波が弱くなるなどのリスクもあります。

 

今回は、auで販売している(していた)端末を、

格安SIMに乗り換えるときに、

注意が必要な機種を挙げてみたいと思います。

 

携帯事業者によって使っている電波の周波数が違う!

日本の携帯事業者は、docomoauSoftbankの3社(+楽天が参入予定)がありますが、

会社によって、使用している周波数が若干異なります。

 

格安SIMも、この3社のいずれかの電波を使用しています。

auの電波を使用している格安SIMに乗り換える場合は問題ないのですが、

docomoの電波やSoftbankの電波を使用する格安SIMに乗り換える場合は、

機種によっては、電波が悪くなることがあるので、要注意です。

 

まず、こちらの表が、各社が使用している「バンド」(周波数帯)です。

 f:id:mhli:20190710004437j:plain 

一方、auは、auで発売した端末の、各周波数帯への対応状況を公開しています。

SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au


これらの2つの一覧を見比べた時に、

一致する周波数帯が少ないと、電波が悪い可能性が高くなります。

 

ということで、今回は、

auから格安SIMに乗り換えるときに、注意すべき機種をピックアップして、

対策を考えてみましたので、auから乗り換える場合は、参考にしてください。

iPhoneはどこのSIMに変えても問題ない

iPhone7以降の機種であれば、日本の携帯のほぼ全ての周波数帯に対応しているので、

どこの格安SIMに乗り換えても問題なく使用できる可能性が高いです。


ぜひ、なるべく早く、SIMロック解除をして、格安SIMに乗り換えましょう!

 

androidは、メーカーと機種によって異なる!

一方、androidは、メーカーと機種によって、対応している周波数帯がバラバラです。

auの一覧表はこちら!

SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

 ざっくりした傾向としては、

・京セラ、LG、シャープは、au以外の電波に弱い機種が多い。

・他のメーカーは、docomoSoftbankの電波でも問題なく使える可能性が高い。

という感じです。

 

auの機種は、バンド18/26とバンド1にはもれなく対応しているのですが、

docomoSoftbankでは、バンド18/26を使用しないため、

バンド28や、docomoはバンド19、Softbankはバンド8等に対応していないと、

700~900MHz帯の電波が繋がりにくい、

ということになります。

 

京セラ、LG、シャープに限らず、auandroid端末で格安SIMに乗り換える場合は、

このような、周波数帯の違いをチェックするようにしましょう。

 

 

このようなことを考えるのが面倒だけど節約はしたい!

という場合は、

とりあえず、auの電波を使用する格安SIMに乗り換えるのがベストです。

これなら、SIMロック解除も必要なく、(してもいいですが。)

そのままSIMカードを交換するだけで利用できるようになります。

楽天モバイルUQモバイル、mineo、IIJmioなど、

格安SIM業者のうち何社かが、au回線の格安SIMを販売しています。

 


一方、バンド28やバンド19にも対応している端末であれば、

電波が弱くなる可能性は低いので、

docomoSoftbankの電波を使用する格安SIMに乗り換えても問題ありません。

 

まとめ

格安SIMへの乗り換えの時は、電波の周波数帯をよく確認する!

 au以外は、バンド18/26がない代わりに、バンド28、バンド19などが必要。

auで買った、京セラ、LG、シャープの端末は、電波が弱くなる可能性がある。

 乗り換えの際は、対応周波数帯を要確認。

 


とはいえ、なかなか、文章だけでは分からないと思います。

格安SIMや携帯料金節約を検討したいと思ったら、

お気軽にこちらからお問い合わせください!


LINE

 https://line.me/R/ti/p/%40nfm1597z

友だち登録したら、「携帯料金節約」とメッセージください。


または、フォームからお問い合わせください。

https://docs.google.com/forms/d/10rDWThue2Q9WEzlNmd4UKrg2Maz711x38ni0sVoIhl0/edit?usp=drivesdk


ペンギンモバイルの格安SIMのメリットデメリット

f:id:mhli:20190702023712p:plain

ペンギンモバイルとは?

「一般社団法人日本自由化事業協会」が提供する、

格安SIMのサービスです。

一般社団法人日本自由化事業協会 公式ページ

 

docomoから回線を借りて、通信サービスを提供している、

いわゆる「MVNO事業者」の1つです。(MVNO事業者は、20社ほどあるようです。)

 

一般の人が「ペンギンモバイル」に関わる方法としては、2つあります。

1つは、ユーザーとして格安SIMを使用して、節約すること。

もう1つは、代理店になって、格安SIMを普及させる活動をして稼ぐことです。

 

知名度なし、価格と品質は優位性あり!

ペンギンモバイルの一番のデメリットは、知名度がないことです。

私も今まで、数十人の方に紹介をしてきましたが、

最初から知っていた人は1割もいませんでした。

知名度では、楽天モバイルY!mobileにかなわないですね。

(社団として、そこまで回線数を増やすことは目指していないそうですが。)

 

一方で、価格と品質は、私の知る範囲では、非常に優位です。

f:id:mhli:20190702023942j:plain

まず、価格は、「36GB+音声通話」のプランが4,860円。

他社だったら、20GB程度でこれぐらいの料金なので、

非常に優位性があると思います。

 

品質に関しては、使用している回線がdocomo回線なので、

地方などでは、auSoftbankと比べると、全体的につながりやすいです。

地方への出張やローカル線の旅行もこれで安心!

また、私が使用している範囲では、通信速度も十分。

YouTubeの再生は全く問題なくできています。

 

通信会社を変更するのは大変?

ペンギンモバイルへの変更を考える時。

docomoのSIMに対応している機種であれば、

番号そのまま、中身もそのままで、

SIMカードの入れ替えと簡単な設定のみで会社変更ができます。

面倒な機種変更やLINEの引継ぎなども必要ありません。

 

なお、auSoftbankの端末を使用している場合は、

docomoの電波に対応している機種かどうか確認した上で、

SIMロック解除の手続きが必要です。

 

他に、変更する時に注意が必要なのは、2点。

audocomoSoftbankのメールアドレスは使えなくなります。

audocomoSoftbankの契約の内容、時期によっては、

 変更する時に解約金などがかかる場合があります。

 

メールアドレスについては、Gメールを使ったり、

日常の連絡はLINEにシフトしてしまえば、それほど困ることはありません。

(ただ、年配の方を中心に、アドレス変更に抵抗がある方は多いですが・・・)

 

解約金や契約時の手数料に関しては、

払ったとしても、数ヶ月でペイできるので、

あまり気にしない方がいいと思います。

強いて言えば、数ヶ月後に2年契約の更新月がある場合は、

数ヶ月待ってから会社変更をしてもいいかもしれません。

 

契約手続きは、メールとインターネットで完了し、

郵送でSIMカードや必要書類が送られてきます。

あとは、自分でSIMカードを交換して、設定をすればOKです。

 

申し込みはこちらから!

格安SIM問合せフォーム

 

ペンギンモバイルのもう1つの活用法「代理店ビジネス」

ペンギンモバイルのもう1つの特徴が、拡散の方法です。

いわゆる「ネットワークビジネスMLM)」の仕組みを採用しています。

 

大手通信会社のような、大規模な広告宣伝を行わない代わりに、

ペンギンモバイルの格安SIMを拡散・販売した代理店に、

紹介報酬を支払う、という方法が採用されていまシステムです。

 

従って、代理店になって、代理店を増やしたり、ユーザーを増やしたりすると、

その代理店やユーザーが契約を継続している限り、

いくらかの報酬が入ってくることになります。

 

いわゆる、権利収入の一種です。

 

詳細についてお知りになりたい方は、

こちらのLINEからお問い合わせいただくか、

LINE Add Friend

 

フォームからお問い合わせください。

格安SIM問合せフォーム

 

家族で格安SIMに乗り換えて、携帯料金を安くする!

携帯料金無料相談の内容

今回の事例は、ご夫婦+中学高校のお子さん2人のご家族。

4台のスマホを利用していて、携帯料金は合計4万円ほど。

少しでも節約できないか?ということで、ご相談をいただきました。

 

利用している携帯会社はau

利用している料金プランは、auフラットプラン20(スーパーカケホ)で、

毎月1人当たり6,500円。

これに加えて、端末の分割代金が、1人当たり4,000円程度かかっていました。

家族4人で、42,000円ほどの携帯料金です。

端末代を別にして通信料だけ考えると、毎月26,000円、

今後1年間で、312,000円ほど支払う計算です。

携帯代って結構高い!

 

まずは、格安SIMへの変更を検討!

一般的に、auよりも格安SIMの方が、料金が安くなることが多いです。

今回の場合、auフラットプラン20(6,500円)と同じ、

20GB程度のデータ量で契約する場合の月額は、

IIJmioでは、23GBで4700円、

AEON MOBILEでは、20GBで4680円、

ペンギンモバイルは、36GBで4860円(7月~)。

auより安くて大容量で使用できます。

 

そして、乗り換える場合に必要な料金が、

MNP手数料2,000円、

格安SIMの契約手数料等が4,000円弱、

auの2年契約の解約金が10,000円程度。

1人当たり、合計最大16,000円程度の乗り換え費用がかかります。

 

4人分の、今後1年間のを料金を合計すると、合計289,600円です。

・乗り換え費用 64,000円(16,000円×4人)

・利用料(12ヶ月分)225,600円(4,700円×12ヶ月×4人)

 

ということで、

auを使い続けるより、1年間で22,000円ほど節約できる計算になりました。

 

2年契約の更新月が2~3か月以内にあるようなら、

そのタイミングに合わせて乗り換えをすれば、

10,000円程度の解約料が不要になりますので、

もっと大きな節約ができます!

 

解約手数料など、4人分一気に支払うと結構な金額なので、

2年契約のタイミングを確認したうえで、

家族で時期をずらして乗り換えをするのも良いかもしれません。

 

データ量を見直してみる。 

ちなみに、20GBより少し少ないプランを見てみると。

IIJmioでは、12GBで3,260円、

AEON MOBILEでは、12GBで3,280円、

ペンギンモバイルは、12GBで2,980円。

一番安いペンギンモバイルにすると、 

4人分の、今後1年間のを料金を合計すると、合計207,040円です。

・乗り換え費用 64,000円(16,000円×4人)

・利用料(12ヶ月分)143,040円(2,980円×12ヶ月×4人)

データ量が少なめなら、こちらのプランにすれば、

年間で 10万円ほどの節約になります!

データ量は、1回線ごとに決められますので、

4人それぞれのデータ使用量を確認して、

最適な容量の契約をするのが、節約のポイントです。

また、会社によりますが、1GBあたり500円~1,000円程度で、

高速通信の容量を追加できる会社も多いですので、

月によって変動がある場合は、検討すると良いと思います。

 

さらに節約+キャッシュバック!?

「ペンギンモバイル」という会社、

期間限定ですが、家族にぴったりの、面白いプランが用意されています。

最初の半年間限定ですが、

2人目以降の使用料がなんと680円(12GBプランの場合)になるのです!

 

詳しく見てみます。

1人目は、代理店として登録をする必要があるので、値上げになります。

通常料金の毎月2,980円(12GB)に、代理店手数料が毎月3,800円、

月額は合計6,780円です。

乗り換え費用は、MNP手数料と契約手数料と解約料を合計した16,000円ほど、

それに、代理店登録費用が、36,600円で、合計52,600円程度。

1年間の支払額は、134,000円程度になります。

 

次に、残り3人の料金。

乗り換え費用は上記と同じで、1人当たり16,000円ほど、

3人分で48,000円。

月額は、6ヶ月間680円、その後2,980円(12GB)とすると、

(680×6+2,980×6)×3=65,880円。

3人分の1年間の支払額は、113,880円です。

 

ということで、4人分合計すると、

134,000+113,880=247,880円。

 

データ量は12GBになりますが、auより6万円以上安くなる計算です。

 

そして、このプランの面白いポイントが、代理店報酬です。

1人目(代理店)の紹介で残り3人が契約したという形にすることで、

1人目(代理店)に、継続して手数料が入ってきます。

このケースの場合、代理店の紹介で3人が契約しているので、

250円が毎月収入として入ってきます。(計算方法等は省略。)

年間で3,000円。

そんなに大きな額ではないですが、嬉しいですね!

これを差し引くと、1年間の実質料金は、244,880円ほどです。

 

このプランにした場合、親戚や知人にも、

ペンギンモバイルの格安SIMを紹介すると、

毎月の収入をどんどん増やすことができます。

当然、説明や手続きの手間はかかりますが、

一度契約すれば、契約が続く限り継続して収入になるので、

やり方次第では、携帯料金を実質無料にすることも可能です。

 

さいごに 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

今なら、LINEで、「携帯料金節約無料相談」を実施中です!

ご希望の方は、今なら無料で相談を受け付けますので、

こちらからLINE登録して、「携帯料金節約」とメッセージください。

LINE Add Friend

6月末までの期間限定、先着10名様限定とさせていただきます。

なお、7月以降は、有料にさせていただく予定ですので、

気になる方はすぐ登録して、メッセージください!

(「携帯料金節約」とメッセージいただかないと対象になりませんのでご注意ください!)

 

私もペンギンモバイルの代理店になっていますが、

無料相談の結果、ペンギンモバイルだけを勧めるつもりはありません。

当面au継続が良い方にはそのようにお伝えしますし、

他の格安SIMの方が節約になる場合はそのようにお伝えしますので、

ぜひ、お気軽にLINEでメッセージください!

もちろん、au以外(ドコモ、Softbank格安SIM)の方も大歓迎です!